青ブタ

青ブタ9巻 感想・ネタバレ『青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない』

青春ブタ野郎シリーズの9巻・『青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない』の感想です。

8巻から新展開と言われていますが、9巻が本当の終わりだと思いました。物語シリーズでいう続・終物語みたいなお話。終わりではなく続きがあった感じです。

この9巻で咲太の思春期症候群・家族についての問題が解決しました。今まで咲太の中であいまいにされてきた母親がメインでした。

 

ネタバレあるので楽しみにしている人は注意。

 

前の巻8巻の感想>>>青ブタ8巻 感想・ネタバレ『青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない』

感想・ネタバレあり

夢が現実となる

8巻のランドセルを背負った小学生姿の麻衣さんの夢が現実となった終わりから続きます。

夢と同じやり取りをする咲太と小学生姿の麻衣さん。すると背後から高校生姿の麻衣さんに声を掛けられる。小学生姿の麻衣はいなくなった。

 

この不思議な現象(=小学生姿の麻衣さん)について考えられる要因はこれまでの確率的存在の話。認識して初めてそこに存在が確定する。高校生姿の麻衣さんに咲太が意識したから小学生姿の麻衣さんは見えないけどもそこにいる。ということになります。

ただ、なぜ小学生姿の麻衣がいるのかそこが謎です。

そしてへそから脇腹に一本の傷があった。以前の胸にあった3本の傷とは違い、うっすらと白い線のような傷でした。

これも意味不明。

麻衣さんとのイチャラブ

難しい話は置いておいて麻衣さんとのイチャラブシーン。咲太の勉強のご褒美として二人で自撮りをする。しかも不意打ちに麻衣さんは咲太の頬にキスをしてくれるおまけ付き。完全バカップル。

そして麻衣さんは母に咲太を紹介する。しかも麻衣母にあっさりと認められる。これは結婚する日も近いのか……ニヤニヤ。

 

麻衣さんの卒業を記念してパーティをすることに。場所は咲太の家。麻衣さん、花楓と一緒に手巻き寿司を作る。これは実質家族ですね。

 

「咲太、ちょっといい?」という麻衣の甘い言葉に誘われて二人っきりの部屋でしたこととは……

 

そう、勉強でした。咲太ざまーー。

 

再び思春期症候群に関わっているかもしれない咲太が心配で御守りとして渡したのが婚姻届。しかも桜島麻衣の名前入り。咲太も自分の名前を書いて麻衣さんに預かってもらう。

ラノベだからできるけど現実でやっていたら黒歴史確定ですね。もし別れたらどうなるのか笑

 

母との再会

咲太の母が花楓に会いたいらしい。今度母と会うことになった。これまであまり触れられてこなかった母、家族の問題が解決されるときです。

 

それからは日常編が淡々と書かれます。スクールカウンセラーの友部さんと会って花楓のことを話したり、期末試験を受けたり、花楓の卒業式があったり、スイーツバレットのライブを花楓と二人で見に行ったりした。

私は一つ気になった。咲太はホワイトデーに麻衣さんに何をお返ししたのか?最後まで読んだがホワイトデーについて何も書かれていなかったはず。私の見落としがなければですが。

 

そして咲太のお母さんと会うことに。

花楓は会う前緊張していた。自分のせいで母がこんなことになってしまった。でも会ったらすぐに会話ができた。夕食も一緒に食べた。父さんの社宅にも泊まっていった。会う前の緊張はどこにいったというくらい楽しそうにしている花楓そして母。

家族というものは2年という空白の時間なんて気にならない。あたたかい絆があるんだと読んでいて心が温かくなりました。

 

咲太も自然と笑みがでるくらい喜んでいました。麻衣さんと長電話してしまうくらい嬉しかったのでしょう。

咲太への異変

翌朝いつも通りの朝、なすのに餌を与え朝食を食べいつもの通学路を歩く。そして教室に入る。

期末テストの返却、その時に異変に気付いた。咲太の名前が呼ばれない。教師は授業を開始するも咲太のことを誰もがスルーする。そもそも存在を認識されていない。

 

双葉、朋絵にも認識されない。ドラマの撮影で山梨県に行っている麻衣さんの電話も通じない。

思春期症候群が発症した原因として一番考えられるのが昨日母と出会ったこと。しかし、咲太は2年前の家族と同じ雰囲気で喜んでいた。何もストレスとなることはないはず。

 

可能性として濃厚な父と母が暮らす家に向かった。ちょうど母と花楓が出掛けに行くところだった。しかし咲太に気付かずスルーされてしまう。

これは辛いというより怖い。自分が誰からも認識されない、孤独。まじどうなってしまったのか?1巻での麻衣さんが誰からも認識されないと同じ状況と似ていますね。

 

母の存在

ここで咲太は気づく。

昨日、母の瞳に咲太は映っていなかった。母は花楓しか見ていなかった。咲太はいないものだと母の中で思われていた。

 

母がそうしたのではない。咲太自身がそうしてしまった。かえでのことがあり、かえでと二人で暮らすようになり、母のことは考えず過去に置き去りにした。そして母の不在が当たり前のことになっていた。

咲太の母の不在を世界がつじつまを合わせようと、母から咲太の存在も消した。咲太を産んだのは母。産んだ母自身が息子を認識しないということはこの世に生まれていないと同義。

そうやって周りから認識されなくなってしまった。

 

麻衣さんの思春期症候群と似たようなものです。麻衣さんの場合は空気そのものを変えたことで認識されないようになってしまった。咲太の場合は産みの親の存在を否定したがために世界が変えてしまった。

 

あまりにも大げさすぎると思ってしまいました。でも咲太だからこんなことになってしまったのでしょう。咲太って他人には優しいが自分には厳しい。自己批判が強い・自分の中でのルールをやぶるのが許せない潔癖なところがあります。

母親を考えないようにしてかえでや麻衣さんたちと楽しくしていた自分が許せなかったかもしれません。

 

へそから脇腹にかけての白い線のような傷はへその緒を意味していたのでしょう。母親と繋がっていた場所。母とのつながりが失われたからできたのでしょう。胸の傷もそうでしたがこういった伏線の仕方が上手い。

 

ここからは一気に話が進みます。

別の世界へと

誰からも認識されない。そこに小学生姿の麻衣さんが登場。眠って目を覚ますと2年前の横浜のマンションに家族4人で暮らす世界となります。

この世界では咲太が放送室を占領したことで花楓のいじめは大事にならす母も病むこともなかった。かつての世界と同じように麻衣さんとも付き合いのどかや朋絵との関係も今まで通り。

咲太の理想通りの世界、逃避した世界でもあった。

 

でも元の世界に帰りたい。元の世界に帰るために再び小学生姿の麻衣さんを探し以前の世界に戻った。

麻衣さんだけが咲太を見つけてくれた

しかし咲太は誰からも認識されていないまま。で、1巻の麻衣さんの話と同じように咲太のことを見つけることができたのは麻衣さんでした。

 

麻衣さんが御守り代わりとして持っていた婚姻届を見て咲太を思い出したのでしょう。ただ、咲太が母親と向き合わなければ麻衣さん以外からは認識されません。

 

婚姻届はこのためにあったのです。何もただのラブコメ要素ではありませんでした。重要な役割を持っていました。普通の御守りではいけなかった。夫婦になるのは新たな家族になること。きっと手紙ではいけなかったのでしょう。

母と再び家族に

母が通院している病院に向かう。母が2年間頑張ってきたことを実感しそして母に頼らずとも生活できる・大人になったと咲太は肯定的に捉えることができた。

育ててくれたことそして元気になってくれたことに対して感謝し喜ぶことが自然とできた。

 

母が元気でいることただそんな当たり前のことが幸せなことに気づいた。

そして再び親子となれた。

 

一気に1年が過ぎ、無事麻衣さんと同じ大学に合格した咲太。ちなみにのどかも同じ大学に合格している。いまだにシスコンですね。

そして入学式でランドセルを背負った麻衣さんに似た女の子を見る。

赤城郁美に声を掛けられ次巻に続く。

 

感想まとめ

花楓から始まる家族の問題がやっと終わりました。前半で麻衣さんの母が登場したのも咲太の母との話の伏線でした。麻衣さんの婚姻届も夫婦という家族と家族がメインの話でした。

 

これまで妹の二人で暮らしてきた咲太。母のことを恨んだりしてきた。でも元気でいる母・当たり前だけど当たり前でない小さな幸せな家族を知った。

親と過ごしてきた。でもあるとき親がいなくなってからその幸せに気づくのが普通。でも咲太は親がいない生活から親と一緒になって気づくという逆の方向だった。

素晴らしい終わり方だった。

 

そして何より今回は麻衣さんの愛情を感じる場面が多かった。

婚姻届を御守り代わりにする。咲太が誰からも見えなくなった時に麻衣さんだけが見つけてくれた。そしてほぼプロポーズをしてくれた。

「……いつか、ふたりで家族になろう」242p

こんなセリフ言われたら今すぐにでもと言ってしまいそうです。

咲太の母に対する思いを聞いてくれる。そして咲太の心強いパートナーとなってくれる。抱きしめたりキスしたりと最高でした。

 

まさに最高のヒロインです。

疑問点

前の8巻でちらっとでてきた霧島透子という謎の人物。歌で有名だけど素性は不明。無数の世界の記憶を持つ翔子さんも彼女の存在は知らないらしい。きっと今後のキー人物になるだろう。

あとは最後の赤城郁美。咲太と同じ中学だった女の子。咲太が今回行った別の世界では同じ峰ヶ原高校の生徒でもあった。安直な考えだと赤城=霧島という式ができそうです。

9巻の主役でもあるはずの小学生姿の麻衣さんに似た女の子。

 

この3人が次回からの大学生編でのキーとなってくることでしょう。大学生編ではどのような方向性で進むのかも気になります。ずっと思春期症候群で引っ張るのも難しい気がします。ただ咲太自身の問題で解決していないことがあるとすれば中学時代のことでしょう。

赤城郁美が登場しているのも中学時代に何かあったからでしょう。

 

大学生編になるということは朋絵や双葉、国見の登場がなくなりそうな気がします。双葉や国見は付き合いでありそうですが、桃尻朋絵はなさそうですね。たまにバイト先のファミレスに咲太がからかいに遊びにいくくらいでしょう。

 

あくまでも私の予想

で最後に、私の予想では一度麻衣さんと別れるときがありそうです。麻衣さんと何らかの理由で喧嘩して別れます。赤城を泊めてしまって麻衣さんにブチ切られる展開ありそうです。

 

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。