SAOラノベ

【SAO 21巻】感想・ネタバレ有り 新章ユナイタル・リング開幕

ソードアートオンライン(略SAO)ですが、2018年12月7日に最新刊となる21巻が発売されました

それがソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI です。

アリシゼーション編の後の話にあたるソードアートオンラインの新章になります。

表紙は

猫耳アリスです。ケットシー種族を選んだようです。またアスナさんが怒りそうですね。アスナさんの服装的には舞台はALOっぽいです。

SAO21巻のあらすじ

詳細なあらすじが公開されました。

サバイバルMMO《ユナイタル・リング》にキリトとアスナ、アリスが挑む!

キリトとアスナが《アンダーワールド》から帰還して1カ月。二人の傍らには、現実世界で実体を得たアリスの姿があった。しかしその平穏は突如破られる。
「…………レベル1…………」
「わたしもレベル1になってる!」
3人が突如巻き込まれた謎のゲーム、《ユナイタル・リング》。それは《ザ・シード》プログラムで構築された全てのVRMMOが融合した《サバイバルMMO》だった。キリトは開幕早々、愛用の装備をすべて失い、パンツ一枚を残すだけとなってしまう。絶体絶命の過酷な状況下、謎に包まれた《VRMMOSVG》に、キリトが挑む――!

茅場明彦が残したザ・シードが融合した新世界の物語になります。いったいどのような話になるのでしょうか?今までたびたび登場してきた茅場とそろそろ決着がつくかもしれません。

気になる文が

愛用の装備をすべて失い、パンツ一枚を残すだけとなってしまう。

これはネタなのか、ガチなのかどっちなのでしょう。

 

試し読み

試し読みがbookwalkerでできます。

https://bookwalker.jp/dee20375f7-c3f3-460a-868a-edb76e9d4b56/

 

ここからは読んでみた感想です。ネタバレが含まれるので注意してください。

SAO21巻 感想・ネタバレ有り

読んでみた感想は

 

SAOではない。なろう+マイクラです。あとはパンイチ。

 

これまでのSAOがシリアス要素が強かったのですが、新章ユナイタルリングはコメディ要素が強め。そしてハーレムものです。これまで読んだシリーズに比べると足りなさがありました。最近のトレンドに合わせた感じでした。

 

キリトの性格もアンダーワールドの世界を体験して変わったのですね。パンイチでいても平気な魂になったのでしょう。

アリスとアスナの修羅場

21巻はアンダーワールドの世界から無事帰還した後のお話です。現在アリシゼーション編が絶賛放送中なので、アリスがいるのが不思議でした。

 

アリシゼーション編を読まず21巻を買う人はいないと思いますが、アリシゼーション編のネタバレが書かれているので注意したほうがいいと思います。

 

SAO時代の思い出のログハウスのあるALOにログインしたキリト。アスナがログインしてきたと思い、「アスナ」と言いかけたが、やってきたのはアリス。ちょっと不機嫌そうなアリスがかわいかった。そして、ケットシーを選択したので猫耳アリスもたまりませんでした。

そしてアスナ様の登場。アリスとアスナの間に不穏な空気が流れます。ほんとキリトは幸せものでうらやましい限りです。ここまではいつも通りのSAOでした。

突然の地震

突然の地震とともに、「Warning System Announcement」という警告文が。

SAOのデスゲームの始まりを思い出しました。そして、アインクラッドが崩壊しだしました。地面が割れ、ログハウスがあった小島は落下していきます。

 

ログハウスは地面に不時着しました。

ログハウスがSAOの思い出の場所というのは分かるけど、命を懸けて守ろうとする姿勢になんだかなあというイメージを抱いてしまいました。

アイテム・スキル消失

所持していたアイテムとスキルがなくなります。ただ、装備していた防具と武器、あとは一番熟練度の高かったスキルだけは残っていました。そしてHP、MP、TP、SPというステータス要素が増えます。ALOはレベルという概念がありませんでしたが、ステータス画面にはレベルがありました。

新たなゲームの世界という感じでした。

 

こっからはキリトがあほすぎて笑いがとまりませんでした。

キリトは21巻の最後の方までパンイチで過ごします。

大事なことなので二回言います。

 

キリトはパンイチになります

 

話の内容はマイクラの最初の感じです。木や石を集めてログハウスの素材を作成します。大工スキルなどを獲得していきます。なろうと同じ感じです。

 

この世界ではログアウトできます。一度ログアウトして、食事をとるキリト達。ここで百以上のVRMMOワールドで大規模の障害が起こっていると知ります。

思っていたよりも深刻な世界ではなさそうで良かったです。

キリトの名言

いつかこの土地にキリト帝国を築いてやるからな!93P

おそらく21巻のキリトの名言になりそうなセリフ。本当にキリトさん性格変わりましたね。200年近く、アンダーワールドの世界にいた影響なのでしょうか。

 

しかもパンイチでこのセリフを言っています。最近キリトの扱いが雑になっています。

クマ討伐

ログアウトを修理するために素材集めに取り組むキリトたち。リーファもログインしてアスナ、アリス、リーファの3人のヒロインが集まり少しずつハーレムが築きあがります。

 

パンイチのキリトに何も起こるはずはありません。

 

モンスターが現れます。クマのようなモンスターです。

かなり強敵だったのですが、なろうによくある異空間アイテム収納袋から重い木材を出現させて倒します。

そしてレベル1から13に一気にあがります。

 

この世界でもチートっぷりを発揮するキリトでした。倒し方もぶっとんでいてそしてチートすぎる。なんでもありなかんじでした。

 

PKにあうキリトたち

唯一SAOらしさがあった場面です。

男8人の集団がキリトたちの前に現れます。マップと引き換えに休める場所と食事を提供する取引を受けます。

 

簡単に取引を受ける、キリトたちの油断さ、これまでお前たちはどんな危険なゲームをしてきたのかとツッコミたくなります。後であんなことが起こったから言える結果論かもしれません。

 

男たちの一人が不意打ちにキリトに剣を突き刺します。パンイチのキリトにですよ。真面目な場面なのに、笑いがとまりません。

 

ここで離ればなれになっていたシリカ、リズ、ユイたちの助けもありPK集団たちを撃退します。

謎の転校生

キリトたちは学生ですので学校に通います。そして彼らの前に気になる転校生たちが。

ここは伏せておきます。片方の人物が分からなかったのですが誰なのでしょう。オーグマーと関係があるっぽいですね。

そしてもう片方の転校生の挿絵がすばらしい。

 

スカートが短いっ!!学生という年齢だったのか!?びっくりです。

 

感想まとめ

ユナイタルリングとは?

ユナイタルリングとは結局何だったのか?

あまり21巻では語られませんでした。

分かったことは、いくつものVRMMOワールドのプレイヤーがユナイタルリングと呼ばれるVRMMOSVGにコンバートした。
その世界ではレベル、スキル、HP、MP、TP、SPがある。
一度死んだ者は再ログイン不可能。

くらいです。一度死んだら再ログイン不可能という設定に既視感がありますが、それがどの作品だったのか思い出せません。

分かる方いたら、コメントください。

コメントで教えていただきました。

アクセルワールドのブレインバーストもポイント全損で再ログイン不可能でした。どちらも川原礫先生の作品なので似ています。あとは七星のスバルでもそれと似たルールのゲームがありました。ゲームで死んだヒロインが現実でも死亡していた。

 

あとは猶予期間が終わったときに聞こえた声です。

種は芽吹き、枝葉を広げ、環となって門を作る。望み果つる大地に招かれた者たちよ、一つの命を守り抜きなさい。数多の苦難を耐え忍び、幾許の窮境を生き延び、極光の指し示す地へと至った最初の者に、全てを与えましょう。205P

種はザシードのこと。望み果つる大地がキリトたちがいる世界。

極光の指し示す地とはなんでしょう。世界のどこかにある場所でしょうか。

 

そして全てとは一体何なのか?

 

まだ分からないことばかりです。続きを待ちましょう。

あっさりしていた

SAO、ALO、ガンゲイルオンラインそしてアリシゼーション編どれも深刻な背景、目標があっただけに21巻から始まるユナイタルリングは遊び感覚というのが大きいです。

ゲームの死が現実世界での死になるSAO編、アスナさんをすごうの魔の手から助けるALO編、デスガンの死を操る力ガンゲイルオンライン編、脳神経が死んだキリト、アリスを助けるため必死に戦うアリシゼーション編。

 

ユナイタルリングは特に大きな目標もなく、学校に通っているのでこれまでとは違って必死さがないので読んでいてもハラハラしません。安心して読んでいるのはいいかもしれませんが、スリルを求める人には薄い話になります。

 

SAOの続刊だから惰性で読んだ。登場キャラがこれまでのヒロインたち、キリトだから読めたというのもあります。文章も良くも悪くもない。キリトの心理描写もこれまでのクールな感じではなくどこにでもいる高校生って感じ。危機感が一切ないです。

 

中身はよくあるなろうと変わりません。熟練度でレベルが上がっていくスキル。想像していたよりあっさりしていました。

パンイチキリト炸裂

おそらく21巻のメインがキリトのパンイチでしょう。

21巻のうち半分以上をパンイチで過ごす主人公なんて前代未聞です。真面目なはずなのに想像するだけで笑いが止まりませんでした。

 

挿絵はすばらしかったです。

22巻からはもう少し展開があることを期待しています。

 

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    一度死んだら……と言う訳ではありませんが、ポイント全損で再ログイン不可のアクセルワールド

    • すずぅ より:

      AWのブレインバーストでしたね。
      ポイントを失ったらアンインストールされてログインが不可能でした。

      教えていただきありがとうございます。

  2. Ferrum より:

    AWの方も読んでいる者です。実はAWのヒロイン、黒雪姫の母方の名字は神邑、そして劇場版でオーグマーを販売していたのもカムラ、AWの世界でレクトと共にニューロリンカーという機械を発売したのもカムラです。カムラの社長の娘と研究者の夫婦間で作られたのが黒雪姫です。(人工子宮で)川原礫さんは直接的な関係はないといっていましたが時間軸がそろそろ重なってきましたね。樒さんはもしかすると黒雪姫の母親、またはその姉妹ということになりますね。どちらもおもしろくなってきました。

    • すずぅ より:

      AWはアニメしか見ていないので黒雪姫の母方の名字が神邑とは知りませんでした。
      最後に登場した転校生はかなりキーとなる人物となりそうですね。

      AWも読んでいるとより一層楽しめますね。

  3. アラゴト より:

    七星のスバルではないでしょうか

    • すずぅ より:

      SAOとあの花に似ているといわれている作品ですよね。
      確か昔死んだはずの女の子がゲームにログインしていた話だった気がします。

      調べてみたらゲームで一度死んだら再ログイン不可能、現実でも死亡となっていました。
      教えてくださりありがとうございます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。