ラノベ

弱キャラ友崎くん 6巻 感想・ネタバレあり 友崎くんは誰を選ぶのか?

今さらですが、弱キャラ友崎くん6巻を読んだ感想を書いてみました。

今までは友崎くんの成長や周りのヒロインの成長の話でしたが、6巻では

についてやっと友崎くんが向き合い始めました。

日南「─ ─ 風香ちゃん、みみみ、優鈴、花火。そのなかであなたがいま付き合いたいのは、誰?」

日南からの質問に対して考える時間を欲しいと言う友崎くん。

7枚の写真をとってくるという、おつかいクエストが始まりました。

 

6巻だけではなく1巻から6巻の全部読んでの感想です。

弱キャラ友崎くん 6巻

自分の弱さに向き合いだす友崎くん

やっと友崎が強キャラにジョブチェンジするチャンスが訪れた巻です。まだしていませんが、次巻ではきっとしてくれるでしょう。

友崎「そもそも俺は─ ─自分は人を選べるような立場にない、って思っちゃってる」

まあこれはないです。友崎は自分のことを低く見過ぎです。みんみから向けられていた感情に気づきながらも、誰かと特別な関係になるのは大変なことと知っている。だから自分を見下しているのか、それとも本当に自分のことをしょうもない弱キャラだと思って言っているのか分かりません。

 

最近の友崎はリア充グループに所属しています。まったく弱キャラの立ち位置ではありません。しかし、何かあったら自分を卑下することで逃げていました。

行動力もあるし、やるときにはやるけど、根っこのとこでは自分は弱キャラだからいいんだという保険をかけている。自分の弱さに向き合ったとき強キャラにジョブチェンジしてくれます。

友崎くんの成長が見れた

1巻の頃から思えば信じられないくらい成長しました。菊池さんとツーショットを撮ったり文化祭の実行委員になったり、僕からしたらかなりのリア充です。場の空気をも操れるようになったし、自分から提案できるようになりました。

なんの努力もなく可愛い女の子とイチャイチャできるようになったのではなく絶え間ない努力があったからこそ今の友崎くんがいます。嫌いになれない主人公です。

思ったことをそのまま言える、しかも行動力も半端ない。これほど努力する主人公なのでみんみも好きになったのは頷けます。1番友崎と関わり助けられた人物がみんみでしょう。

ヒロインの成長

一巻で五人ものヒロインが出てた時、全員に焦点を当てるのは難しいと思っていました。案の定そうでした。この巻は

「菊池さんの出番少ないなー」

とか

「日南空気だなー」

という時もありました。

けれど、どのヒロインも友崎の成長に欠かせない、そして思春期の頃の悩みをどのヒロインも抱えています。思ったことが言えない・周りに流されがちな泉と、思ったことを言える友崎くんの対称。似た者同士のタマちゃん。プレイヤーとキャラクターについて教えてくれた菊池さん。

 

友崎くんだけが成長するのではなく、ヒロインも着実に成長しています。6巻では菊池さんが友崎に小説を見せることで新たな自分に成長しています。クラスの中では空気であった(ほぼ出番がなかった)菊池さんがクラスの一員になっています。

ただ菊池さんは今のまま森の妖精さんでいてほしいです。

 

強キャラになろうとする友崎くんが素の自分を出せる相手が菊池さんです。菊池さんのときだけ文章の表現が胸があたたまる、浄化されそうな表現になっています。

菊池さんが友崎くんの本命だと期待しています。でも私はあの明るいみんみも好きです。普段は明るいけど、たまに可愛い女子になるとこが最高です。ラーメン屋でのみんみのすね方もかわいいし、友崎と菊池さんが目配せをしていたときの不安になっているみんみもかわいいです。

魔王日南について

7つの写真をとってこいというおつかいクエストを与えることで友崎くんをこんなにも成長?させ話を進ませるとは意地が悪いですね~日南さん。

友崎のインスタ写真をみんみが見ていたかどうかはわかりませんが、もし女の子との写真があったからみんみが焦って告白したのだとしたら魔王ですね。流石にみんみを使ってまでそこまで計画を立てることはないでしょうね。

 

弱キャラ友崎くんが弱キャラから強キャラになれるのでしょうか?泉を選ぶ以外ルートならどのヒロインルートでも私は受け止めれます。2股ルートでも面白そうですw。

 

日南さんがどうして友崎くんを強キャラにさせようかしている分かりません。人生がクソゲーではなく神ゲーだとnanashiにわからせたいというのでは、あまりに理由と行動量が釣り合っていないです。あと5巻のタマちゃんを守るために今まで見たことない日南になったのには訳がありそうですね。過去にどのような出来事があったのか楽しむです。

これまで友崎、泉、みんみ、たまちゃん、菊池さんが成長してきました。そろそろ何重の仮面を被ったままの日南が成長というか本当の自分をさらけ出すかもしれません。ぶっちゃけ日南さんは完璧すぎて可愛いとは思えません。友崎をからかっている時とチーズにだけはこだわりがあるおところくらいしか可愛いと思っていません。日南ファンの人すいません。

 

最後に

最後に私は表紙のみんみについて語ります。まず今までの中で1番好きな絵です。

今までは露出の多い夏服姿でしたが、6巻では冬服でした。季節も文化祭シーズンでクリスマスも近いです。クリスマスに友崎が大人の階段を上り賢者の職業を得るのか気になってしまいます。

それはさておき、冬服の魅力について説明します。上は露出少なめで下は露出が多いスカートのギャップがいいです。マフラーをして縮こまって寒そうにしているみんみを見ているとつい暖めたくなります。彼氏なら手を繋いだりギュッとしてあげたくなります。

そして袖口から覗くセーターの袖が最高です。しかもピンク色です。みんみが青色のイメージがあるので、いいワンポイントとして味を出しています。

そしてなんといっても萌え袖。

みんみのすらっとした長細いきめ細かな指。たまりません。そしてしゃがむ込んでいるみんみ。僕は中腰で声を掛けているのでしょうか?拗ねてしまってしゃがみこんで動こうとしないみんみを説得しています。このツンとした拗ねた顔可愛いです。こんなかわいいみんみをずっと見ていたいです。この巻の表紙としてぴったりです。

 

7巻も楽しみですが、6.5巻も楽しみです。みんなの過去話っぽいです。中学の日南が気になります。中学の頃から超絶魔王っぽいです。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。