俺ガイル

【俺ガイル】比企谷八幡が好きなのは雪ノ下雪乃? それとも由比ヶ浜結衣?

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。も13巻が発売されて残るは最終巻となる14巻のみです。

 

で、きになるのが恋のトライアングル。

八幡からのベクトルはどっちに向いているのか。雪ノ下雪乃? かそれとも由比ヶ浜結衣?

 

様々な意見があるでしょう。

 

雪ノ下派だから、由比ヶ浜派だからという偏見は一切なしで八幡が誰が好きなのか考察していきます。

少しずつ考察を増やしていきます。現段階では1シーンしかありません。

許してください。なんでもしますから。

 

あと何かあればコメントください。

八幡は誰が好きなのか?

それを言う相手はあなたじゃない

「ほんともなにも特にいうことないですから。仮にあったとしても……」
言いかけた言葉を飲み込んで、俺は違うことを口にする。
「それを言う相手はあなたじゃない」13巻325p

どうして雪ノ下のためにそこまでするのか?と陽乃に聞かれたとき、奉仕精神と嘘をつきました。嘘ではないかもですね。一応少しはあるのでしょう。

八幡は陽乃さんから「お前、雪乃に恋愛感情を持っているだろう?」的なことを聞かれていると思った。

そして仮に恋愛感情があったとしてそれを言う相手はあなたじゃなくて雪ノ下雪乃だ。と言っています。

 

ただ気になるのが、「言いかけた言葉を飲み込んで……」のところです。本当は何を言おうとしていたのか、そこがポイントです。

解釈1

「仮にあったとしても『それは雪ノ下に対してではない』」そう読めます。それを言う相手はあなたじゃないというのも、本当のことです。

この場合は主語が恋愛感情となります。

「恋愛感情が仮にあったとしてもそれは雪ノ下雪乃に対してではない」となります。

つまり由比ヶ浜が好きということですね。

解釈2

もう一つが主語を雪ノ下雪乃への恋愛感情です。

「雪ノ下雪乃への恋愛感情が仮にあったとしてもそれはこの場では言えない」とかです。雪ノ下雪乃が好きだけど今は言えない的な感じです。

由比ヶ浜さんが隣にいるのに雪ノ下雪乃が好きだとしても言えないです。修羅場に突入というか由比ヶ浜がきっと泣いてしまいます。

この場合は雪ノ下雪乃が好きとなります。

 

少し前の行にこのような文があります。

傍らでは由比ヶ浜が身を固くして、じっと耳を澄ませている。だから可能な限り嘘は吐かず、……325p

八幡は由比ヶ浜が身を固くして聞いていることを知っています。そして雪ノ下に対してそこまですることへの陽乃の質問の答えは既に出ています。

 

ここも解釈が2つあります。

解釈1

雪ノ下雪乃が好きだからと素直に言えない。由比ヶ浜結衣が聞いているのだから。

でも嘘をついてごまかすのもしたくない。だから、可能な限り嘘は吐かず……。

 

雪ノ下雪乃が好きということに対して嘘をつかないという捉えかたです。

解釈2

由比ヶ浜結衣が好きということに対して嘘をつかないという捉え方。

由比ヶ浜が聞いているから、雪ノ下雪乃に対して好きという気持ちがあるとは思われたくない。

この1ページだけでここまで想像できる渡先生はさすがです。

 

今日はこのへんで。少しずつ追加していきます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。