ラノベ

『三角の距離は限りないゼロ』2巻 感想!

これほど夢中になって読んだのはSAO以来です。はやく3巻が読みたいーーです。

 

あまりの面白さで1日に1巻と2巻を読んでしまい、今に至ります。

1巻の感想→『三角の距離は限りないゼロ』1巻 感想・考察!

三角の距離は限りないゼロ 2巻の内容

秋玻と恋人どうしに

前半は秋玻とのイチャイチャな話がメインでした。1巻の矢野の告白にOKをした秋玻。恋愛に想像以上に積極的だったのが意外でした。

そして恋愛話は友人の伊津佳と修司に。修司が伊津佳に告白した。正直意外でした。秋玻さんも薄々気づいていたらしいのですが、私は気づいていませんでした。

春珂の友達を増やすために、細野君と柊さんと遊ぶことに。今まで自分を隠してきた春珂が少しずつ自分を出すようになってきています。

 

そして秋玻さんの策略にまんまとはまり、一夜を共に過ごすことに……(というか全く気付かなかった矢野はどうなんでしょうね)

残念ながら、読者が期待していたチョメチョメな展開にはなりませんでした。

伊津佳との関係性

修司が伊津佳に振られました。

後半からは少しずつシリアスになり須藤伊津佳に焦点が当てられていきました。

伊津佳とも修司とも関係性が壊れていき、どうすればいいのか分からないと悩んでいた矢野は1冊の本を手にする。星野のアドバイスを受け、やっと行動をとることができた矢野。

伊津佳は今までの思いや悩みをさらけ出して、前までの関係に戻ろうとする。

春珂の告白

そして最後の衝撃的な告白。そうだと思っていましたが、どうなるのでしょう。

1巻では秋玻を応援していた私でしたが、2巻では春珂を応援したくなってしまいました。

感想

伊津佳の気持ち

 

伊津佳は矢野とは正反対の立ち位置です。

矢野はキャラを演じるのが偽りの自分だと思っているのに対して、伊津佳は周りから期待されているキャラも自分である。そう思っています。

どっちが正解とかはないです。

結局は自分の気持ちに従うのがいいということに気づいた矢野。伊津佳は自分の意志でそうしたいと願っていたが、矢野は自分の意志を無視してただ、他人に合わせていた。その違いでしょう。

春珂の変化

そしてその影響を受けたのが、またも春珂です。

1巻では偽りの自分ではなく一人の自分を友人に明かした矢野に影響を受けて、秋玻として隠していた一人の自分を出した春珂。

今度は自分の気持ちが大事。と気づいた春珂は今まで隠して気持ちをさらけ出します。

むじゃきにすきと書いたノートを矢野に見せる春珂。何度も好きと言い続ける春珂。春珂がやっと土俵に立った瞬間です。

 

どうなってしまうのでしょうか?私としたら二人と付き合ってくれていいのですけど。帯に書かれている「どうして、みんなで幸せになれないんだろう?」を見ると、その通りだと納得してしまいます。

 

秋玻の焦り

1巻の秋玻のイメージからはここまで恋愛に積極的だとは思いもしませんでした。告白の返事をしたときにキスしちゃうし、終電を逃し一夜を共にしようとするし、外でも深いキスしちゃうし一気にイメージが変わりました。

ただ春珂の告白を受けた今、彼女だからのんびりとしていられません。焦っているでしょう。

 

同じ体を共有しているので、お互いが矢野が好きというのはどちらとも気づいています。今までは春珂が秋玻を思って譲っていた、気づかっていました。が、矢野に告白し今どうなるか分かりません。

 

最後の文の

「わたしは確かな勝機を見いだしたのです。」というのが、暗雲が立ちこみますね。

 

内容もそうですが、文がとても読みやすいです。無駄な文がなく、長い文、短い文が上手く使われていて文に強弱があります。読んでいて飽きないです。

なにより、情景描写の使い方がうまいです。自然に書かれているのでイメージしやすいです。

絵も好みです。3巻も楽しみにしています。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。