ラノベ

2018年に読んだラノベを振り返っておすすめラノベを6つ選んでみた

2018年もあとわずか。
2018年に読んだラノベを振り返ってみました。そしてその中からおすすめラノベを絞ってみました。

といっても私がラノベを読み始めたのが今年なので有名なシリーズも多いです。ゆるい感じに紹介します。

 

2018年に読んだラノベ紹介です。

2018年に読んだだけで2018年に発売したラノベとは限りません。タイトル横に~~巻と書かれていないのは1巻しか読んでいません。

  • 青春ブタ野郎シリーズ1~9巻
  • 弱キャラ友崎くん1~6.5巻
  • 妹さえいればいい1~10巻
  • 青春失格男と、ビタースイートキャット。
  • ようこそ実力至上主義の教室へ1~4巻
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか1~14巻
  • あまのじゃくな氷室さん1~4巻
  • ソードアートオンライン1~20巻
  • ソードアートオンラインプログレッシブ1~6巻
  • さくら荘のペットな彼女1~10巻
  • おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 1~15巻
  • 君に恋をするなんて、ありえないはずだった
  • 物語シリーズ
  • 転生少女の履歴書1~6巻
  • ぼくたちのリメイク1~4巻
  • ちょっぴり年上でも彼女にしてくれますか?1,2巻
  • 三角の距離は限りないゼロ1,2巻
  • 錆喰いビスコ
  • 賢者の孫
  • 最果ての魔法使い
  • 継母の連れ子が元カノだった
  • 神アプリ曰く、私たち相思相愛らしいですよ?
  • 恋しているひまがあるならガチャ回せ!
  • ネット彼女だけど本気で好きになっちゃダメですか?
  • 毒舌少女のために帰宅部辞めました
  • 賭博氏師は祈らない
  • 86 -エイティシックス-
  • 天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~

 

実際に羅列してみると意外と読んでいました。驚きです。一冊ずつ紹介するのもめんどくさいので今年発売したラノベ(新刊)と今年読んだラノベ(今年発売問わない)でそれぞれ良かった3作品を紹介します。

今年発売したラノベおすすめ3作品

いわゆる新刊にあたる作品です。

  • 天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~
  • 継母の連れ子が元カノだった
  • 三角の距離は限りないゼロ

の3つです。

天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~

ジャンルとしては国家運営モノになります。主人公は国の王子、病の王様の代わりに摂政として国を運営していきます

難しそう??

いえいえ、そんなことありません。

 

よくあるラブコメものの部活って感じのゆるさです。

例えるならはがないの隣人部、あるいは俺修羅の自演乙の会くらい、それか中二病でも恋がしたいの極東魔術昼寝結社くらい?でしょう。

 

難しい単語も設定も少ないです。ラノベ初心者におすすめの作品です。

 

そして、キャラも際立っている。

流行りの?(私の中では)隠れ俺tueeeの主人公。そして白髪のヒロイン。すねているところもかわいい。

ぶっちゃけドンピシャなタイプです。

 

そして最後に、誰もが予想していなかったどんでん返しの展開。

今まで男だと思っていた男キャラが実は女の子だった!!くらいの展開が待っています。ちょっと大袈裟かもしれません。

 

1巻は軽めですが2巻からは主人公の活躍が大陸全土まで広がっていきます。ラノベ初心者におすすめしたい作品です。

継母の連れ子が元カノだった

一言で言えば、甘すぎるラノベ

二言で言えば、甘い。そしてお前ら、はよくっつけ!

 

元カノが再婚した相手の連れ子だったというお話です。元カノ→きょうだいという展開です。ぶっとんだ設定ですが、非常におもしろい。お互いにまだ好きなのに意地をはって嫌いな態度をとる。しかし、実は二人仲良し。

 

きっと、読むと自然と口角があがってしまいます。

二人のイチャイチャを読んでいるだけでにやけてしまいます

 

二人のやり取りに夢中になりすぎてストーリーは全く覚えていません。

三角の距離は限りないゼロ

created by Rinker
¥659
(2019/02/23 15:34:11時点 Amazon調べ-詳細)

以前の(このライトノベルがすごい!を一人で開催してみた!!【2019】)の記事でも紹介しました。

さっきの継母の連れ子が元カノだったはラブコメで、三角の距離は限りないゼロは恋愛ものになります。

 

主人公のクラスに一人の女子が転校してくる。彼女には秘密があった。

 

それは二重人格

 

二人の少女と仲良くしていくうちに矢印が様々な方に向いてくる。そして外からも矢印が飛んでくる。

かなり複雑な恋の三角関係物語です。

 

文章も情景描写が多め、じっくり読めるラノベです。

 

今年読んだラノベおすすめ3作品

今年読んだラノベのおすすめ3作品は次の3つです。

  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • 青春ブタ野郎シリーズ
  • 転生少女の履歴書

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

読んだラノベから分かるかもしれませんが、私はファンタジーものよりも学園もの、ラブコメが好みです。

ファンタジーはあまり読まないです。

 

でもダンまちはそんな私でもすらすら読めた。ハーレム要素がありますが、冒険要素も強い!!

 

ダンまちのいいところはハラハラドキドキするし、主人公ベルのかっこいい戦う姿、負けても立ち上がる熱い少年ジャンプのようなお話、ベルを助けてくれるたくさんの仲間

そしてベルのチート並みの成長速度

 

極めつけは

 

様々な種族のかわいい女の子たち

 

です。

 

胸が熱くなるストーリー、ニヤニヤしちゃう甘い展開もあります。

文章もかなり事細かに書かれています。正直、余分ではないかと思うときもありますが。

 

これからラノベ読むぞという人におすすめしたいです。

青春ブタ野郎シリーズ

アニメ化されてつい触発されて買ってしまった作品です。

アニメでは5巻までしか放送されませんでしたが、1部の完結となる6巻7巻は素晴らしかったです。

ストーリーは思春期症候群にかかる女の子たちの解決を主人公の咲太が手伝っていく話。SF要素ありのラブコメものです。

 

どのヒロインも個性が強いです。特に主人公の咲太はなかなかいいキャラしています。ヒロイン勢も誰もが魅力的です。

 

文章も読みやすいです。1文が短く、会話のテンポもいいのですらすらと読めます。

 

転生少女の履歴書

この作品が今年一番の作品です。あまり有名ではないのが残念です。

元はなろうの作品です。

 

ストーリーは現代世界で女子高生だった女の子が異世界に転生します。赤ちゃんから成長していきます。

よくあるなろうです。

 

転生少女の履歴書の何がいいか?主人公のリョウが魔法を使えないところです。異世界は魔法使いが尊重され魔法を使えない平民は魔法使いの恩恵で生かさせてもらっています。

主人公はチート的な魔法は使えません。

ただし現代の知識を使って革命的な開発をして成り上がっていきます。

 

そして魔法の根源について近づいていきます。魔法とは一体何なのか?

 

転生少女の履歴書のもう一つの良さは文体です。

好き嫌い分かれる書き方かもしれません。

 

完全に馬鹿にされている。何、魔法使いて。別になりたくないしー。そんなこと言ってないしー! 馬鹿じゃないのー! ……いじけちゃうぞ!

1巻22Pより

こんな感じに独白多め、一人ツッコミが多いです。情景描写もその場の説明も1人称で語る書き方です。

日記を読んでいるみたいな作品です。

まとめ

ラノベはエンターテインメントの面で言えば非常に楽しめるものだと思っています。

 

現実ではありえないようなお話が読みたいのです。来年は2018年以上にたくさんのラノベを読んで紹介していくつもりです。

 

おすすめラノベ>>>【ラノベおすすめ】厳選ラノベ5作品+おすすめラノベ20作品+α!

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。