青ブタ

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない 感想・ネタバレ!古賀朋絵の思春期症候群とは?

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないの続巻である青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ないを読みました。これが2巻目に当たります。

言うまでもなく面白かったです。アニメではカットされたシーンが多く、アニメ視聴後でも楽しめました

前の巻青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ないの感想は→青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない 感想・考察!桜島麻衣の思春期症候群とは?

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない

あらすじ

タレント活動に復帰した麻衣先輩と彼氏彼女になり浮かれる咲太。のはずが、翌朝起きたら付き合う前に戻っていた!?“思春期症候群”が原因だと考える咲太の前に現れたのは、尻を蹴り合った仲の後輩・朋絵。彼女は友達の憧れの先輩からの告白を回避すべく、逃げ回っているらしい。そんな中、ふとしたことで咲太と朋絵が付き合っているという誤解が周囲に広まってしまう。しかも朋絵はこれ幸いと、咲太に「嘘の恋人」になってほしいと頼んでくるのだった。ち、違うんだ麻衣さ~ん!咲太の心の声もむなしく「嘘の恋人関係」が始まり!?

1巻で咲太が迷子の女の子を見つけたときに「ロリコン!」とけりをかました女の子との話です。俺ガイルの由比ヶ浜さんに似たキャラです。アニメではどちらとも東山さんが演じているので、制作側でもわざと起用してそうです。

2巻ではさくら荘のペットな彼女の龍之介とリタが登場しています。水着を仲良く買いに来ていました。

感想

会話がおもしろい

あいかわらずの会話のテンポの良さ、リアルさ、そして面白さでした。ラノベの会話って長文なのが多いんですよね。それが青ブタは短文で返したり、ただの返事だけだったりと現実に近い感じがして読みやすいです。

かえで「お兄ちゃん、笑わないと約束してください」
咲太「面白かったら笑うぞ」

こんな返しする咲太はやはりブタ野郎です。しかもこのあと「おもしろくない。」と遠回しに褒めています。

程よい分量

事細かに説明するのではなく、適度に説明したり出来事も何があったのかだけ書いて詳しいことは書かなかったりと適度な分量です。

 

無駄なく、説明不足にならない程度です。

相変わらずのヒロインの可愛さ

2巻でもヒロインの可愛さが全面に出ていました。

麻衣さんは言うまでもありません。「咲太が私の声を聞きたいんじゃないかと思って電話してあげたのに」と、麻衣さんの方こそ実は咲太の声が聞きたくて電話をしているのかなと想像したり、朋絵と咲太がいい感じになっていて嫉妬してバニーガール姿で勉強を教えてあげたりと麻衣さんの咲太へのデレっぷりが伝わってきます。

 

朋絵も少しずつ咲太に恋心を持ち始めるとこ、咲太にすすめられた水着をちゃっかり買ったりするとこなんて可愛すぎます。恥ずかしいことも何度か言っているのもグッとでした。

考察

古賀朋絵の思春期症候群

2巻では古賀朋絵が思春期症候群にかかりました。朋絵の思春期症候群は未来予測です。何度も同じ日を繰り返しているように見えるけど、タイムリープではなく未来を見ているだけらしいです。

空気を読みすぎたために未来をも読めるようになったのです。

 

何度も同じ日を繰り返しているんだなと思えばいいと思います。

ラプラスの悪魔

朋絵の思春期症候群はラプラスの悪魔がテーマです。

18世紀の数学者で天文物理学者でもあったピエール=シモン・ラプラスは次のように主張しています。

もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も(過去同様に)全て見えているであろう。

あらゆる物質の情報を知ればその後の状態も分かるというもの。これは人間の思考でも言える。しかし、これは不可能なことである。どんなコンピュータを用いても計算するのに時間がかかりすぎてしまう。そして、粒子は観測されて位置が確定される。つまり観測したことで、結果が変わる。

人間視点でいえば不可能だが、神に等しい悪魔なら可能だよねっていう話。

 

身近なもので例えるならば、ゲームで相手キャラの最初のモーションが分かればその後の動きが分かりどこにキャラが移動するのか予測できる感じ。

朋絵の思春期症候群の原因

朋絵の思春期症候群の原因は「」です。

1つ目の繰り返し現象は前沢先輩から告白されることで、自分の居場所がなくなるのが嫌で周囲に嘘をつきました。(咲太との嘘の恋人関係)

玲奈に嫌われて一人になるのが嫌で、前沢先輩が朋絵のことが好きだと知られないようにします。上手くいく予測がでるまで繰り返します。

 

2つ目の現象は咲太と友達関係になるために自分の気持ち(咲太への好き)を隠して嘘をつきました。咲太とは友達どうしになる約束をしていました。

咲太からは友達としての朋絵を求めています。友達としての朋絵を演じとようとし、咲太への気持ちに蓋をします。しかし、その大きな感情が思春期症候群の原因になります

結局は嘘と偽りの自分が原因です。

解決法

嘘をつかず前沢先輩の告白を断る、咲太への気持ちを正直に言うだけではだめだったと思います。咲太への気持ちを正直に告白しただけでは、6月27日(前沢先輩に告白される日)まで戻らなかったと考えられます。

 

偽りの自分・周囲の空気を読んで自分を演じることにも向き合う必要があったと考えます。福岡出身で高校から東京に引っ越してきた朋絵。いわゆる高校デビューしました。しかし、彼女はそれが本当の自分であるかどうか自信を持てませんでした。

周りが求めている自分を演じているにすぎないと考えていました。この考えをかえたのがまたもや咲太です。

 

嘘と偽りの自分の二つを解決したことで解決したのでしょう。なんか由比ヶ浜さんと同じルートをたどっているのは気のせいでしょうか?最後は友達同士の関係になる。俺ガイルもそうなりそうな気がして……考えるのはやめておきましょう。

 

咲太だけが繰り返されていることを知っていた理由

どうして咲太だけが古賀の思春期症候群にまきこまれたのか?

それは量子もつれです。離れた位置にある粒子が瞬時に情報を共有して動く奇妙な現象のことです。

量子もつれが起こるのは激しい衝突が起きた時、それが咲太と朋絵にとっては1巻で尻を蹴りあったことです。

 

そんなことで?と思うかもしれません。主人公だからで説明するよりも納得できる理由を用意するとはさすがです。理論として成り立つかよりもなによりおもしろいです。本文の中で朋絵の桃尻を多めに描写していたのはこのためだったのでしょう。

補足

そういえば古賀というサービスエリアが福岡にあるのですね。どうやらサービスエリアの名前が苗字になっていて、出身地も同じっぽいです。

朋絵「先輩、もとは横浜の人なんだよね?それも噂?」
咲太「もうちょい陸の方だから、海とか全然見えない場所だけどな」
262Pより

梓川サービスエリアは長野県松本市にあります。ちょうど会話と一致しています。それを知ったところで何もないですけど。

 

 

次の巻の双葉理央のロジカルウィッチについて青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない ネタバレ・感想!双葉理央の思春期症候群とは?

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。