青ブタ

青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ないネタバレあり・感想 これ以上ないラノベ!!

青春ブタ野郎シリーズの7巻にあたる青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ないを読みました。

ほんとよかった。の一言に尽きます。

 

麻衣、咲太、そして翔子三人が助かる方法なんてあるのか??どう頑張っても無理だろうと思って読み始めましたが、なるほど。これ以上ない最高の終わり方でした。

6巻の感想→青ブタ 6巻 感想『青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢をみない』

ここからはネタバレを含む感想なので7巻まで読んでいない人は気をつけてください。

青ブタ ハツコイ少女の感想

麻衣さんの○

最初は前の巻に引き続き辛い話でした。麻衣さんが死んだ現実というトゲが心をズタボロにしていきます。読んでいるのが辛いです。麻衣さんが死んだまま話がずっと進んでいたら鬱になっていたことでしょう。

 

ああ、麻衣さんはいないんだ……

 

しかも金沢ロケの動画を流すシーンなんて辛すぎる。この世にはもう存在しないのに映像として麻衣さんを見ることができる。麻衣さんの咲太にべたぼれのところなんて……思い出すだけで涙が……ほんとひどい演出です。そして咲太は今まで麻衣さんの死という現実から逃避してきました。徐々に悲しみが心を痛めていきます。

 

もう、麻衣さんは戻ってこないのか……

 

かすかな希望

しかし、ここで大人翔子さんが登場。咲太が生きているなら心臓は移植されず翔子が大人まで生きているはずもありません。つまり誰か他の人の心臓が移植される。そして

 

麻衣さんの心臓があると言う翔子さん。

 

ちょっとばかしその可能性を考えていましたが、そうきましたか。咲太の代わりに麻衣さんの心臓が移植されたことで大人翔子さんがまだいました。

でも一つおかしな点が。
翔子ちゃんに心臓が移植されたならば翔子ちゃんの思春期症候群は治っているはずです。つまり大人翔子さんが存在することはありえません。

 

そうなんです、今の咲太は未来の咲太です。まだ現在の咲太は交通事故に遭っていません。だから、大人翔子さんがいたのです。

今の咲太は未来の咲太です。咲太も思春期症候群になっていました。麻衣と翔子どちらを選択しようか悩んでいた時に発症。12月24日18時が永遠に来なければいいと願った咲太が翔子と同じように相対的に速くなった世界で未来に到達したのです。

 

そして大好きな人を幸せにするために現在に行く咲太。

81pの咲太のほほをつねる翔子さんの描写から麻衣さんの面影を思い出しました。

麻衣さんを助けにいく咲太

しかし、麻衣さんを助けそして自分も生き残れば翔子はおそらく死んでしまう。でも、一度大好きな人の死を経験した咲太だから麻衣さんを助ける選択をしました。どっちかしか助けることが出来ない。そんな現実を突き付けられました。

 

ハッピーエンドは簡単におとずれないのか……

 

そして現在の世界へ行った未来の咲太。

 

しかし、未来の咲太の姿は認知されません。現在の咲太と未来の咲太の二人存在しているからです。量子力学的だと確率的に存在します。観測されるまではこの時間軸に存在していることになりません。だれが咲太の箱を開けてくれるのか?まあきっとあの子でしょう。

目立つようにとここでうさぎのぬいぐるみを着る咲太。しかも律儀に頭まで持っていく咲太。邪魔でしょうと思っていました。

 

1巻のバニーガール姿を思いだす、しかもぬいぐるみがシュレディンガーの猫の箱にたとえるというすばらしい表現。

そして麻衣さんがバニーガール姿をしていた気持ちにも気づくというぬいぐるみの役割が多すぎる。

その姿のままぴょんぴょんジャンプしている咲太を想像するとおかしいです。状況的にはかなり深刻ですが。

 

そして咲太の箱を開けてくれた古賀!!

 

やっぱお前だったか。持つべきものは尻を蹴りあったかわいい後輩。量子もつれのおかげで古賀がこの時間軸に未来の咲太を確定してくれました。

 

未来の咲太は現在の咲太に電話をします。ここも双葉のときを思い出しました。お互いに直接会うことは不可能だが、不確定要素のある電話ならば会話ができる。

麻衣さんが犠牲にあった、翔子をあきらめろと説得する未来の咲太。しかし、現在の咲太は納得しません。このときの咲太は麻衣さんが犠牲になるなら、自分が犠牲になろうと考えていた。

 

麻衣さんも説得しないといけません。現在の咲太が交通事故現場に向かい、そして麻衣さんがかばって犠牲になる。だから、麻衣さんのもとに向かう咲太。

 

咲太はぼろぼろになって帰ってきた自分を抱きしめてくださいと麻衣さんにお願いします。

「いってらっしゃい、咲太」
「いってきます、麻衣さん」

そして事故現場に向かいます。

どう助けるのか?と思っていたらうさぎの頭部をかぶります。現在の咲太はぬいぐるみの中に咲太がいるとは分からない状況。これなら、咲太が二人存在しない。咲太だと認識されない。ここまでぬいぐるみが役に立つとは!?

そしてぬいぐるみをきた未来の咲太が現在の咲太を押し飛ばし助けます。12月24日18時がきたので咲太の思春期症候群は治り咲太は一つになります。ここまでの展開に感動を覚えました。でも、麻衣さんと咲太は生きているが、翔子は助からない。簡単に全員が助かる結末はこないとあきらめていました。現実はこうなんだと受け止めるしかありません。

 

「ただいま、麻衣さん」
「おかえりなさい、咲太」

家で待っていたのは麻衣さん。家で帰りを待っているだけでこれほど感動したことはないです。

当たり前の日々

そして麻衣さんとの当たり前の日々が始まります。翔子ちゃんのお見舞いにいくと将来のスケジュールに変化が。これについて全く分かっていないまま読んできましたが、この時点でもなんのことやら。

 

翔子の母から翔子に会って欲しいと頼まれます。咲太は双葉に相談をします。

今の翔子は未来の翔子である。将来のスケジュールを書いているのは当時の4年生の翔子だと。

 

当時4年生だった翔子も思春期症候群を発症してました。全く思ってもいませんでした。そう言われると、将来のスケジュールの筆跡は後から書いたようには見えないと6巻で説明がありました。

 

未来の翔子は自分の未来ではなく、咲太の未来を変えるために過去にいきました。咲太が翔子に会うことがなければ咲太が辛い選択をせずに済むからです。やっぱりヒロインは翔子です。

 

そして日常の場面へ。翔子に出会うことがなければ咲太は峰ヶ原に入学せず麻衣さんや朋絵などと出会うこともなかったと心配していましたが、そんなことなかったようで安心しました。

これまで通りの日々を過ごしていました。麻衣さん演じる心臓病の少女の映画がヒットし心臓移植のドナーが広がり翔子も無事移植手術でき助かります。

そして、最後の海辺でのシーン。翔子ちゃんを見て翔子ちゃんとのことを思い出します。

 

翔子が楽しそうに笑っている挿絵を見て

 

良かった、翔子ちゃん。

 

麻衣、咲太、翔子全員が助かるハッピーエンドでした。途中までは現実は甘くないから全員が助かるエンドはこないとあきらめていましたが、ちゃんと全員が幸せになる結末でした。

フィクションだから、ご都合主義だからと言えばそうですが、どの人物も悩んで泣いて、思いをぶちまけてきたからこその最高の終わり方だと思います。

これまでで一番のラノベです。

 

未来だったり現在だったりと時間軸が理解できていないところがあるのでそこら辺について軽くまとめます。

あくまでも私の考察です。

翔子の思春期症候群

一番理解しにくい牧之原翔子の思春期症候群。

牧之原翔子が小学4年生のときに大人になるまでに死ぬ未来を拒んだ翔子と大人に憧れを抱いた翔子。この時点で現在の翔子と未来の翔子の二つの世界があります。

これまでの話は未来の翔子の世界(中学2年の翔子)での話です。

ここからが厄介なのですが、咲太の前に現れた高校2年の翔子と大学生の翔子は未来の翔子の未来の翔子です。

 

ん???だと思います。

 

未来の翔子の世界に、未来の翔子の未来の翔子が咲太を助けに来ます。咲太の胸の傷は存在するはずもない咲太の心臓が2つ存在するためできます。

 

咲太が観測していた世界は未来の翔子の世界でした。そして未来の翔子が小学4年生の翔子の世界にいき翔子の思春期症候群自体がなかったものにします。思春期症候群が起こらなければ咲太と翔子が出会うことはなく咲太が辛い選択をすること自体なくなるからです。

 

ただ、咲太の観測している世界は未来の翔子の世界(心臓移植されない)のままのはずです。ならば、最後の部分で咲太が翔子と出会わず、無事に心臓移植される世界を観測しているのは矛盾が起こります。

 

咲太の観測している世界がいつの間にか変わっている、世界線が変わっています。

 

これをどう解釈すればいいのか?

現在の翔子の世界の咲太が観測している話になり、一から麻衣さんと出会い、朋絵とも出会い…同じ運命をたどってきた。(別の世界での翔子さんとの出会いは夢として観測した)

これと似たような考えが翔子ちゃんが移植手術される世界の咲太と記憶統合です。

それか

翔子の思春期症候群自体が起こらなかった→未来の翔子の世界自体が存在しなくなる→整合性をとるために一部分の記憶は別の世界のものになった。翔子との出会いは夢となった。

と考えるしかないでしょう。

未来の咲太が観測した体験は他の人には夢となって観測しています。未来をみるなんて常識的に不可能。けれど常識を無視できる夢の中なら未来の咲太が現実の世界にいけたように、未来を観測することも不可能ではない。未来というよりは別の世界での出来事の方が正しいかも。

だから麻衣さんの初詣の夢、のどかの麻衣さんの交通事故の夢、双葉の咲太を家に招く夢が見れたのです。未来夢みたいなものなのでしょう。

 

これまで高校2年の翔子さんとの出会い、やりとりが各巻で咲太の夢となって語られていました。これもある意味未来の翔子の世界(別の世界での咲太の体験)を咲太が夢として見ていたのかもしれません。

咲太が観測する世界が変わったせいで、翔子との出会いは無かったものになりますが、別の世界(未来の翔子の世界)で起きた出会いが夢として見れたと解釈しています。

この辺は私自身もよく理解できていません。

 

とりあえず翔子の笑顔が見れたのでなんでもいいです。ほんと良かったです。

 

次の巻>>>

青ブタ8巻 感想・ネタバレ『青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない』

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。